2020年秋オープン決定、ららぽーと東郷は東海地方ショッピングモールの新風

投稿日:2019年2月15日 更新日:




2019年度には、とウワサに聞いていた ららぽーと東郷のオープンが、

2020年秋以降にずれ込んだのも既定路線。

 

まぁ、そんな不安定な立ち位置だよ、ショッピングモールの新規建設ってものは。

 

ららぽーと名古屋港にニーズを喰われて計画が中止になったわけでもない。

プライムツリー赤池を難敵と認めてオープンを延期したのでもない。

 

現場視察に行くと、2018年3月時点で建設予定地の土地造成工事は着手しているのが分かった。

 

工事中の部分が ららぽーと東郷の敷地面積に相当するか推測がつかなかったけど、

造成工事をどこまで広げるか分からないから、規模感は掴めなかった。

東郷町セントラル開発計画は止まらずにいた。

 

 

ららぽーと東郷

 

 

ららぽーと東郷は私を不思議な気分にさせていた。

視野を広角にしてみると、2020年東京オリンピックに伴う需要増で

建設コストはウナギ昇り。

 

現に、イオンモール土岐は建設費高騰を理由に

オープンを正式に2年間延期して、2021年オープンの予定。

 

そんな時に ららぽーと東郷が急いでオープンする緊急性はどこにも見当たらない。

見当たらないのだけど・・・

目前のららぽーと東郷が欲しい、早く触れてみたい、歩いてみたい。

狭角の欲望に囚われる我が身の愚鈍さよ。

 

 

ららぽーと東郷

 

 

東海地方のショッピングモールはイオン・ユニーを双璧に、もう飽和状態。

働き方改革なら、私がミニマリストならば、断捨離マニアならば、

ららぽーと東郷の出店に待ったをかけても良いレベルのはず。

 

今はオープンするワクワク感で、私たちの頭がお祭り状態。

ららぽーと東郷にずっと通い続けるか、長久手イオンに浮気しないか、

まだ誰にも分からないのに。

 

 

イオンモールウォーク(ユニー)アリオ/リーフららぽーと
愛知県14610
岐阜県2100
静岡県3101

 

 

イオンではなく、「ららぽーと」だからこそ意味を持ってくる。

ららぽーとは東海地方にとっては珍しいショッピングモールだから、

個性の象徴だとさえ私は思っている。

 

帰る場所、東郷町という故郷の代表として、

ららぽーと東郷は 愛される存在になってくれるかな。

膨らんでいく私の想像。

 

 

ららぽーと東郷

 

 

57号線が導線のキーになることはすぐに気が付いた。

その西側にメインの建物ができるのだろうが、

逆の東側、東郷町役場側の土地にも工事が及んでいるではないか。

すると57号線という瀬戸~長久手~東郷~豊明~東海まで延びる幹線を、

ららぽーと東郷はすっぽりお腹に包んでしまう。



まさか、57号線からららぽーと東郷の立体駐車場へダイレクトに入れる、

という隠し玉を持っているの?

いいえ、そんな渋滞や事故を誘発しそうなこと、選択肢に入れるわけがないか。

多数の車は153号線から曲がって ららぽーと東郷に入ってくる。

そのための道路工事が行われているじゃないか。

 


あぁ、ららぽーと東郷。

私たちを驚かす、とびっきりのものを造ってよ、どうかお願い。

 

2020年秋が待ち遠しい。

恋い焦がれるあの人が、遠い旅から戻ってくる日を指折り数えているかのよう。

それももう間もなく、2020年秋のららぽーと東郷オープン日まで

 

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.