日進アリオはグランツリー2本目、武蔵小杉の都会的センスを先例に

投稿日:2018年10月15日 更新日:




日進アリオに期待するものは、ずば抜けた都会的お洒落センスだ。
名古屋栄にオフィスがあり、日進市をベッドタウンとして生きる多くの名古屋人。
週末の家族サービスで訪れるのが日進アリオ、そこにはイオンモールとは異質の魅力がある。
グランツリー武蔵小杉という先例があるんだ、それを見習い、進化させたのが日進アリオ。
ワーキングママに優しいグランツリー、都市型育児スタイルに寄り沿う形。
従来のショッピングモール以上、デパート未満というか、歩いていてなんだか格を感じる場所。
どっちが優れているか、は別議論だが、イオンモールとはビジネスモデルをずらしている。

そんなグランツリーの後を継ぐのが日進アリオであって欲しい。
東京圏とは人口差はあるが、イメージは同じだ、都会勤めの人のオアシス、日進アリオ。
セブンイレブン・イトーヨーカ堂系列でいて、生活感を見せない飛躍した存在。
決してメガサイズのショッピングモールではないから、そんなに夢のようなことは難しいだろうが、
地方にちょうど良いサイズでお洒落度を最高潮まで引き上げてみて欲しい。
都心勤めの人たちの居住区にあるオシャレなショッピングモール、それが日進アリオ。
この夢が崩れないことを切に願うよ、グランツリーの2本目は愛知県日進市に育つ

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.