直前割引の宿 旅行会社は宿泊業界の重要な販売ツール

投稿日:2018年10月12日 更新日:




直前割引で宿を売ることが、本当に宿泊業界のためになっているのか?
旅行業界人としての苦悩がそこにあること、少しグチっぽくなるけど、聞いてもらってもいいかな。
サービス業では、一度引き下がった単価が上がることはなかなかない。

大概が、そのまま流されるように引き下げられ、いつしかそれが一般的な単価として世に認識されてしまう
もちろん、必要以上に単価を下げることは中長期的に考えれば、
宿と宿泊者、両方にとって決して良いものではない。
そもそも採算が取れていない単価であれば、宿側の体力は徐々に削られていき、
いつか倒産のごとき目にあうかもしれない

直前割引の宿

宿泊客を宿に呼び寄せるためには、直前割引は良いツールだったし、
その宿泊客が宿以外で地元に落とすお金で地域は潤っていたが、
肝心なホテルが潰れれば、そのサイクルも急にピタ、っと止まってしまう。
宿が幾つか地域で競合していればこそ、直前割引の宿のような宿泊割引料金ができていたが、
寡占された宿では、割引制度など淘汰されていき、
結局、宿泊者は割引を受けずに宿に滞在しなくてはならなくなる。
旅行業界は、航空業界や宿泊業界の、重要な販売ツールであり続ける。
とりわけ日本においては、一息にネットビジネスでの直売にはならず、
2100年ぐらいまでは旅行会社の販売網に頼らなくてはやっていけないのが、航空業界・宿泊業界だ。

その販売リーダーである旅行会社の一員として、直前割引の宿を過度に販売するのは気が引けるなぁ
適正価格が幾らなのか、まぁ明確な基準はないけど、割引ありきで、
正規運賃が形骸化されるのはあまり好ましいものじゃない。
正規運賃が高いなら、その価格自体を引き下げればよくて、
安直に直前割引の宿なんてプロモーションをすべきじゃないよね
直前割引で宿を売ることが、本当に宿泊業界のためになっているのか?
結論は、あまりためにはなっていないでしょ、ということです。
これからもまぁほどほどぐらいに、直前割引の宿は売っておきましょう。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.