直前割引料金?絶対数の多い旅館はホテルよりも割引しやすい?

投稿日:2018年10月10日 更新日:




旅館が直前割引をしない、なんて、誰が作ったイメージなの
ホテルは直前割引を積極的にセールスしているけど、旅館は保守的だから、
無暗やたらに割引料金を出していない?

いえいえ、私はそんなことはないと思うよ。
だって、実は旅館の方が直前割引料金を出しやすい環境にあるの。
ホテルも旅館も、初期の設備投資費用がすごく高いのは誰もが想像できるでしょう。
建物の建築費用とかベッドやお風呂を新設したり、色々な室内調度品を準備したりね。
その初期投資費用を減価償却するのに、一般的には10年はかかると言われるのが
ホテルや旅館業界の常識となっているから。

直前割引旅館

裏を返せば、建築10年が経って、原価償却が終わったホテルや旅館は、
あとは料理の原材料費や人件費さえペイできれば、他は利益に回るだけってこと。
そんな旅館とかだったら、人気を出すために直前割引ができるよね、
だって原材料や人件費は、宿泊代の3-4割程度にしかならないのだから。
そうだよ、古い旅館ならば、そして、一般的にホテルよりも旅館が古い建物が多いことを考えれば、
ホテルなんかより旅館のほうがずっと直前割引料金をアピールできる環境が整っているじゃない。

詳しくは個別のホテルや旅館の経営状態に左右されるけど、絶対数でいったら、
ホテルより旅館の方が古くて直前割引を提供しやすいのだから。
問題は旅館のやる気と、インターネットサイトで販売することへの積極性だけね。
旅館の建物が古いのと一緒で、オーナーも古い方が多い(失礼)イメージだから、
インターネットを通じての直前割引料金の提供に抵抗感を示す人が多いことでしょう。
結局、環境は整っているのに、直前割引の旅館を意識する旅館オーナーのセンスで、
ホテルにひけを取っているのが旅館なのかしら。

旅館の顧客が、徐々にホテル側にシェアを奪われていっているのは事実だけど、
それって直前割引という果実に目覚めていない旅館側の怠慢から生まれたものだから。
さぁ、旅館の直前割引宿泊料金というニッチマーケットで、
私の活動は競合ライバルも少ない条件が整っているし、ひょっとしたら大化けして、
直前割引=旅館というイメージが出来上がるかもしれないね。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.