山形県ミニ・コストコ 人口110万人の中規模都市でもオープン?

投稿日:2014年10月28日 更新日:




山形コストコは、世界初のミニコストコを目指しても良くないかなぁ?
ミニコストコなんて言葉を勝手に使ってみたけど、商品そのものの量や価格はそのままで、
ただし店舗の面積は半分以下に、商品数も半減、売れ筋商品のみに限定して、
初期投資や維持継続コストを遥かに軽減するコストコへ。

コストコは大型倉庫店だから大都市近郊にしか誘致できないと言われて久しい。
それは今までも事実だったけど、前提条件がフルサイズコストコだよね。
ミニコストコなら人口50万人以下の中都市にでもフィットするのではないかな。
格好良く言えばコストコの新しいビジネスモデルに成りうる、今は世界でもミニコストコなんてないけど。

山形コストコ

モノの大きさで他を凌駕するコストコだから、ミニコストコなんて自分自身と矛盾し、否定してしまう?
しかし日本人の私の身体や家や車は小さく、従来のコストコサイズは大きすぎる。
所詮は外国人の戯言だろうけど、私が求めるサイズはミニコストコが最適。
フルサイズコストコのあの独特な空気感、ワクワクショッピング・損しないように買い物しなきゃ感は
巨大な店内空間なくしては醸し出せない魔法だとしても、
コストコが今後日本各地に店舗を増やそうとするなら、避けては通れない議論のような気がする

そこで山形コストコだよ、山形県全体でも人口は110万人、いわゆる地方都市の典型だ。
日本の大都市圏に出店を終えたコストコだから、次は地方都市への展開が勝負になることだろう
だから山形コストコだよ、一歩先にミニコストコを山形で試してみる、絵になる勝負を空想してやまない。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.