セブンイレブンモール日進赤池 イトーヨーカドー商品とセブンブランド

投稿日:2014年10月27日 更新日:




アリオ赤池がオープンセールで、どんな妙技を繰り広げてくるか、戦々恐々とする毎日。
弱小リテール店として細々と営業する私のお店、アリオ赤池さんに仕事を奪われるのも覚悟している。
好評なセブンイレブンブランドの商品を、アリオ赤池さんがセールで出して来たら人気になるに違いない。

コンビニなら割引セールは少ないけど、アリオ赤池さんならイトーヨーカドー商品とセブンイレブン商品
SEIBUにSOGO、Loftまで、セブン&アイホールディングスの営業力の粋を出して来たら、天下無双。
アリオっていうショッピングモールの名前はまだ知られていないから、そこだけが惜しい気もする。
単純に「セブンイレブンモール赤池」ってなったら、もうネームバリューあり過ぎでしょ。

セブンイレブンモール赤池

東海地方にショッピングモール4すくみ構図が出来上がるみたい。
地場で仕切っているユニー、全国展開のイオンモール、新鋭のららぽーと、そしてアリオ赤池。
競争が多いのは良いことね、消費者に選択肢が増えて、お店同士で競争が生まれてより良い物がより安く
そんな能天気なことを言えるのも、消費者サイドから見た時だけ。
ウチのような中小リテール店は存続の危機に立たされる、
どうやったら自店舗にプラスアルファーの価値を付与できる?

セブンプレミアムブランドの商品が好き。
ドライブしていて、立ち寄りたいコンビニはどこかって、セブンイレブンを真っ先に挙げる。
その商品がアリオ赤池のスーパーマーケットに並べられているとしたら、
今まで通っていた近場スーパーを止めて、毎日の生鮮食品を買うのもアリオ赤池になりそう。
それだけの魅力をアリオ赤池は湛えているということね。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.