イオンモール京都桂川 京都一周トレイルのスタート/ゴール地点?

投稿日:2014年10月27日 更新日:




イオンモール京都桂川のオープンと時を同じくして、京都一周トレイルを延伸できないか。
京都一周トレイルのゴールを、苔寺からイオンモール京都桂川まで伸ばそうという計画のこと。

地元のショッピング客だけではなく、外国人観光客も期待ができるオンモール京都桂川の魅力。
それを更に高めようと考えた時、京都一周トレイルのゴールを持ってくるというアイディアが生まれた。

新規参入者であるイオンモール京都桂川がいかにブランド力・集客力を高めるか
歴史と伝統に飽和状態の古都京都で個性を出すのは容易ではなく、真新しさだけでは売れないし、
当然ながら懐かしさを出そうにも、本物中の本物が数多くあるから、中途半端なものでしかない。

イオンモール京都桂川京都一周トレイル

京都一周トレイルとは、伏見稲荷神社から始まり、清水寺や銀閣寺の裏山を経て、
比叡山を登り、大原・氷室・高雄の里山から、嵯峨野・嵐山の観光地に出て、最後は松尾大社・苔寺。
全長70kmのロングトレイルで、京都の伝統と景色の移り変わりが楽しめる最良のトレッキングコースだ。
苔寺で終わっているこの京都一周トレイルを更に南へ延伸して、イオンモール京都桂川をゴールにできないか。
トレイルを歩く人たちは、70kmを歩き通した最後にはイオンモール京都桂川でシャワーを浴び
服を着替えて日常に戻る、伏見稲荷からイオンモール京都桂川までを京都一周トレイルと呼ぶ。

新参者のイオンモール京都桂川が京都一周トレイルの世界では重要なポジションを占めることになる
小さな一歩かもしれないけど、こういうことの積み重ねが、京都に馴染んでいく事初めだ。
著名な京都の観光地と名前で肩を並べることができる方法として、京都一周トレイルのゴール化は悪くないでしょ。
オープンなイオンモール京都桂川であって欲しい、汗にまみれた旅人を温かく受け入れて欲しい。
それがビジネスになるのであれば、ゴール時の着替えとか不要荷物を預かってくれるスペースだとか、
それこそ快適なシャワー環境や、スタート地・伏見稲荷への交通手段の提供だとか、
様々なツールのうち可能なものを取り揃えてもらって、イオンモール京都桂川は京都一周トレイルの基地になる。
空想ばかりを続ける私のイオンモール京都桂川=京都一周トレイルのゴール計画は止まらない。
勝手ながら、イオンモール京都桂川と京都一周トレイルの両方が好きな者ならではの夢想・空想ね。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.