長久手古戦場イオンモールの戦い サムライ・イオン長久手

投稿日:2014年10月27日 更新日:




歴史ロマン溢れる長久手古戦場駅という場所にあるから、イオン長久手にはつい夢を託したくなる。
例えば「日本古戦場サミット」を開催するとか。
各地の古戦場はあまり人が住んでいない山野ばかりにあるので、集まりやすい場所ではない。

小牧・長久手の戦いの古戦場跡なら、リニモという交通インフラがあり、食事場所はイオン長久手の中にあり、
宿泊は名古屋市内で事足り、サミット会場としての環境はできているね。
だから勝手に提案する「日本古戦場サミット@イオン長久手」。
イベントスペースもあるイオン長久手だしね、流行りのゆるキャラ祭りじゃなくて、
本格的な甲冑姿で演武を競うとか、プロレス並に肉弾戦で戦ってもらうとか、そんなのがいいな。

長久手古戦場イオンモール

一時的な集客数アップもできるけど、「古戦場の中心地=イオン長久手」みたいな称号が面白い。
海外向けには「サムライ・イオン」なんて別名を使い分けちゃったりして。
長久手古戦場駅という名前を活用する方法を夢想していたら、「日本古戦場サミット」にたどり着いた。
今の時代を象徴する長久手イオンという商業施設と、戦国時代の代表的なイメージ・古戦場。

これらを融合させたら、人は集まるのだろうか。
唯一無二の存在にはなれるけど、本業のショッピングモールの収益に貢献するかは微妙ですね。
ビジネスモデルとしての「日本古戦場サミット」はちょっと数字の取りようがなかった。
夢だけを描いて、この物語はオサラバとしよう。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.