名古屋イケア=長久手イケア 個性を獲得した愛知県長久手市

投稿日:2016年10月22日 更新日:




名古屋イケアのオープンで、長久手の個性が際立つのが怖い。
愛知県は名古屋市(人口最大)と豊田市(面積最大)の二極化だが、
その二大都市の中間地には幾つかの中小都市がある。

名古屋を尾張の織田信長に、豊田を三河の徳川家康に見立てて、
二英傑の領土争いの狭間で、どちらの味方になるか試されている中小城主のようだ
日進・東郷・みよし・長久手・豊明・瀬戸というその中小城主たちは
互いに存在感を出そうと、独自路線を進化させることで生き残りに奔走している。

お家取りつぶしの恐怖は現実のもの、2005年には豊田市は周辺6町村を合併済みだ。
長久手の唯一無二の街創りは功を奏していて、他から頭一つ抜けているよ。

昔は、小牧・長久手の戦いの現場として、尾張の豊臣秀吉と三河の徳川家康の狭間にあり、現代は、愛・地球博のメイン会場として、全国に長久手市の名をとどろかせ、
未来は、名古屋イケアのお蔭で、東海地方唯一のIKEA保有都市になる。

名古屋(長久手)イケア

人口5万人の中小都市としては明確に名を訴求するものが3つもあるという希有な情勢。
愛・地球博の際にできたリニモは、モノレールというか、拡大解釈すればリニアモーターカーだ。
名古屋のベッドタウンとして発展している長久手市、
「長湫」と書いて「ながくて」と読む地名古語もあり、新旧合い混じったブランド力の長久手
他の中小城主たちはこの長久手に嫉妬せんばかりの様相だったりして。
昔と現代は変えられないにしても、未来を印象付けるものに、名古屋イケアと長久手イオン
リニモに乗って、名古屋イケアに北欧家具をショッピング、長久手古戦場駅の長久手イオンで休憩。
愛・地球博跡の万博記念公園でのんびりお散歩、みーんな長久手で楽しめる♪

車移動が常識化している愛知県、長久手にはちゃんと高速ICもあるし、移動には困らない。
大学の多さでも抜群の長久手市、若者は多くいるし、町には活気がある。
トドメはやっぱり名古屋イケアができること、名古屋市でも他の市町村でもなく、
何故にどうして長久手にできるのか、他の中小城主たちが歯をキリキリさせて羨ましがるよ。
名古屋イケアの誘致を成功させた長久手関係者たちの不断の努力に脱帽して、
生き残りチキチキレースに決定的な大黒柱を打ち立てた長久手に拍手をしようじゃないか。
名古屋イケアのオープンで輝く、唯一無二の長久手の個性

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.