コストコ豊田、オープンの可能性は岡崎市よりは豊田市に

投稿日:2018年10月21日 更新日:




敵失によって、可能性が転がり込んできたよコストコ豊田

巨大なライバル・ コストコ岡崎には勝てないと思っていた。

何故なら地元産業の物流が愛知県ひいては日本全体の経済に影響が強いから、
高速道路のどのインターチェンジ近くにもコストコ豊田のような、

強い道路渋滞を招く商業施設をつくることが許されないと思っていた。

いくら豊田市に40万人の人口があっても、岡崎市にもほぼ同数の人口があり、

役割分担としては、コストコは岡崎市に流れるのだろうと思い込んでいた。

あわよくば「コストコ豊田岡崎」として、両市の中間の市街地にコストコができればいい。
でも、そのあたりこそ自動車産業の中心だから、やはりあり得ない。

コストコ豊田

2020年にはコストコ名古屋守山がオープンするとして、問題はその次。
コストコ豊田なのか、コストコ岡崎なのか、さぁ、どっち?!

その競争に大きな影響を与えるニュースが飛び込んできた。
岡崎市の東、本宿地区にアウトレットが進出する可能性があるとのこと。

「やった、コストコは岡崎市<豊田市になった」
私はそう、コストコ豊田を確信した。

アウトレットなんていう大きな企画があるのなら、少なくともここから長い時間がかかる。
そんな岡崎市にコストコがオープンを計画するはずはない。
敵失でコストコが豊田市に転がり込んでくるという発想はそういうこと。

本当にコストコ豊田が出店するかは、また別のお話。
コストコ岡崎<コストコ豊田、という順番だけは見えた気がして

現実性は置いておいて、一歩前進した実感を得て、私は愉快な気分になった。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.