セントルイス 写真








セントルイス


アメリカの街は基本の造りがどこも似ていて、個性はないと言われる。
セントルイスにもそれは当てはまって、ダウンタウンを歩いても特段の変わりはない。


セントルイス


そんな中でもフォレストパークという万博跡地にはアメリカらしい力があるのを見つけた。
圧倒的な広さ、大きいことを美学として、とにかく大きい。


セントルイス


セントルイス美術館には無料で入ることができた。
メトロポリタン美術館を思わせる飾り方で、世界各地の美術品が収められている。


セントルイス


日本エリアでは鎌倉時代の仏像まであるし、中国のものも多い。
本音、「大泥棒が・・・その土地に返してあげて」と思ったけどね。


セントルイス


セントルイス大聖堂はミサ中で堂内には入れなかったけど、外から見るだけで別格なことが分かる。


セントルイス


ゲートウェイアーチのシャープなデザインは良いよね、セントルイスのシンボルに相応しい。

セントルイスの清濁飲み込み具合が極端だ、イーストセントルイスをフリーウェイの上から見るだけで、その荒廃具合に肝を冷やす。
北と東が貧困地区で危なくて、南と西は安全圏。

特にセントルイスダウンタウン、あのゲートウェイアーチのあるリバーフロントからミシシッピ川を越えると
イリノイ州イーストセントルイス市になって、そこが極端に荒れている。

現実に目を背けられない、それを知らないでセントルイスを歩くわけにもいかない。
ブルースはそんなセントルイスを体現しているのか、ある意味セントルイスの個性だと割り切った先に見えてきたものがあった。