芝刈り機はアメリカの一大産業! 自動芝刈ロボットはヒット作?

投稿日:2018年10月21日 更新日:




アメリカの芝刈り機産業を、ルンバのようなAI搭載の自動芝刈り機ロボットが大きく変えるのだろうか。

時間の問題だろう、あの人の手による膨大な工数を、人工知能が取って代わって軽減するのは。

キミはバックヤードに自動芝刈り機ロボットを置いておく。
それは太陽光を電気に自動で換えて、芝生が伸びたことを自動感知したら勝手に芝刈りを始める。

あらかじめ裏庭の範囲を設定してあるから、その範囲内の芝刈りをキミが知らぬうちに完結してしまう。

たまに刃を磨く作業と、ロボットに異常がないかのメンテナンスをすればキミの芝刈りに関わる工数は終わりだ。

こんな画期的な自動芝刈り機ロボットがアメリカを席巻するのも数年後の話。
とはいえ、自動芝刈り機ロボットに対しての反発はあるだろうな。

アメリカの芝刈り機

なにしろ、アメリカでは芝刈りは一大産業だから。
芝刈り機自体の種類の豊富さ、そして芝刈り専門業者。

家庭の庭だけではなく、高速道路沿いを巨大芝刈り機で整備するプロの方々。
ウォールマートに行こうものなら、夏場のアメリカの芝刈り機販売コーナーは充実している。

そこに多くの雇用と経済循環があるから、自動芝刈り機ロボットは一部の失業を生む。

いや、やはり時間の問題だ。

アメリカの若者は、庭の芝刈りを嫌うから、

手動の芝刈り機はいつかは廃れる文化。

未だにガソリンを使う芝刈り機だし、

青々と整備された芝生に美学が宿るというのは、なかなか変わらないアメリカの文化。

僕は確信している。

アップル社のi-phoneのような世界的なヒット作になるのは、

自動芝刈り機ロボット。

芝刈りにかかる工数をいったん放棄したとき、

自動芝刈り機ロボットは大化けする。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.