岡崎市本宿アウトレットモール

投稿日:2018年11月30日 更新日:




人を萌えさせるのがギャップだとしたら、岡崎市本宿アウトレットモールには強いツールがある。

単純に最新のアウトレットを組み立てるのは、芸不足ではないか。
三河には服部半蔵というスーパースターがいるのだから、その高名にあやかればいい。

顧客のターゲットの1/3をインバウンドに狙いを定めて、「忍び」というか、

世界に名前の知られた「忍者-NINJA」をテーマにした岡崎市本宿アウトレットモールは、アイディアが飛躍し過ぎているかな?

三重県伊賀市と提携した忍者村?あちらにはジャズドリーム長島のほうが身近だからムリか。
服部半蔵は岡崎市育ち、岡崎市本宿アウトレットモールのメインキャラクターとして相応しい。

内緒なのは半蔵(服部正成)が忍者ではなくて、武士だったということ。
そこら辺はキャラクター設定でごまかせばいいか。

岡崎市アウトレットモール

本宿地区にできる岡崎市本宿アウトレットモール、敷地内になんとか旧東海道を呼び込めないか。

昔の格好で本物の旧東海道を練り歩く時代物語行列。
コスプレイヤーは町人、虚無僧、忍者、侍、姫の格好でショッピングしたりして。

岡崎市の誇る古街道・道根往還から旧東海道へトレイルランニングの道を延伸するアイディア。

その発着地点が岡崎市本宿アウトレットモール。

岡崎市が自動車産業と周辺産業の一大名所であろうとも、車産業の色を多く入れるのは困難だろうな。
それならば、服部半蔵と旧東海道をテーマに、時代絵巻の歴史懐古に特化した岡崎市本宿アウトレットモールになるのは面白い。

だって、そんなテーマを掲げたアウトレットモールなんて、岡崎市以外のどこにもあり得ないから。
「アウトレットなのに、時代劇」という、恵まれた、強いギャップを岡崎市本宿アウトレットモールは持つことができる。

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.