アメリカン標識博物館

投稿日:2018年10月28日 更新日:




アメリカで標識(Sign)といえば、バーボン通りなりビール通りを思い出す、つまりは飲み屋街だ。

 

 

アメリカン標識博物館

 

 

夜に出歩くあなたを誘うネオン、手を変え品を変え、興味を奪おうとする。

 

 

アメリカン標識博物館

 

 

シンシナティ市内にあるアメリカン標識博物館は、そんな魔の手たちのベスト集。

 

 

アメリカン標識博物館

 

 

American Sign "Art" Museum って名乗っても良いのに、アートのフレーズは使ってないってよ。

 

 

アメリカン標識博物館

 

 

室内はそこそこ暗く、ISO感度400-800で勝負、ここはフルサイズ換算24mmの広角レンズがあると上手く撮影できる。

 

 

アメリカン標識博物館

 

 

残念ながらポートレートを撮ろうとしても顔は暗くなってしまうだけ、人ではなくサインを撮ろう。

 

 

アメリカン標識博物館

 

 

古き良きアメリカを見たいと願うあなたにぴったり、シンシナティのアメリカン標識博物館。

 

 

アメリカン標識博物館

 

 

館外にもインパクトのある標識たちが、どれも派手で明るく、面白い。

 

一見の価値あり、アメリカン標識博物館。

 

Copyright© Note , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.